Mind&Sentence

女性PRライターが考える「人と心とストーリー」

続ける習慣化はデジタルとアナログの両立がベスト

人間、常に触れていないと忘れてしまう生き物です。
(水泳だけは、一度泳げるようになると、
その泳ぎ方は一生忘れないと言われていますね)

文章もそうです。
書いていないと、感覚を忘れてしまう。
書いてて、手が止まってしまいます。
一日空いてしまうと、鈍ったような気がしてソワソワします。

カメラもそうだと聞きました。
撮ることから離れていると、
「視点」を忘れてしまうそうです。

料理もそうですね。
作らない生活を続けていると、
作りながら頭の中で描く味覚を、想像できなくなってしまいます。

なんでも、慣れというか、
続けることが一番なのでしょうか。

私の尊敬する編集者の方が言っていたことなのですが、

とにかく、半年~1年、
何でもいいから書き続けること。

これが、発信力を高める確実な方法なのだそうです。

 

どんなコンテンツであれ、
自分の続けていることを記す場所を維持するだけで、
続けていくモチベーションアップにも繋がるし、
腕も磨かれていきます。

今って、ブログもInstagramもTwitterもFacebookも無料ではじめられますよね。

個人が情報を発信すること、
つまり、個人メディアがタダで持てる時代なんです。

昔だったら、
考えられないことが、今、現実化できてる。

だって、
自分を表現する方法って、昔なら、いいとこ自費出版ですよ。

こんな恵まれた世の中なのだから、
まさに「やらないことがリスク」となるわけです。

 

ただ、アナログで育ってきた私としては、
デジタルへ一直線に飛び込んでいくには少し抵抗があり、デジタルとアナログの両立が心地よい世代でもあります。(・・・ですよね、同世代のみなさん!)

だから、ノートや手帳の沼にどっぷりなのだと思います。

両者をバランスよく使い分けて、文字を書く習慣を続けていきたいです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pocket
Feedly