Mind&Sentence

女性PRライターが考える「人と心とストーリー」

「ふつう」には基準がないと知ったから(起業家マインドに学ぶ)

あるショップ店長さんと打ち合わせをしていたときのこと。

「どうしてこの仕事をはじめたのですか?」

私はリサーチを兼ねて、毎回クライアントさんに質問をします。クライアントさんは、そこに投じる想いや背景を語ってくれ、そこを糸口にライティングを進めていきます。

 

クライアントさんにはそれぞれ、唯一無二の物語があり、唯一無二の展開があって今があります。

それは、起承転結のある理路整然としたものではなく、もっと泥くさくて、苦しくて、明るくて爽快な、体温のある体験や信念があって、全部のエピソードも組み込んでいきたいくらいです。

そして、執筆のためのリサーチなのに、毎度のことながら私の中にモチベーションの火を灯されます。と同時に、話をうかがっているうちに、自分の甘さに気付かされるのです。

 

みんなみんな、
大きくも小さくも抱えているものがあって、
踏ん張っている、我慢している。

私も負けていられない、
動かずにはいられない。

 

不安も憂鬱もヘーキな顔して乗り越えられる。

大丈夫、大丈夫。
恐れるな。
怖がるな。
引っ込むな。

前へ、前へ。

 

そこに「普通」はないのです。

いや、もともと普通なんてなくて、枠を飛び越えた向こうに広がる景色が、その人の普通を作っているのだと感じました。

私は何を怯えてるんだろう?

今すぐに動かなきゃ。
でないと、何も始まらない。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pocket
Feedly