ワンシーン

「言葉に救われる」あなたはそんな経験をしたことがありますか?

「子供はね、ごはんを食べる時、愛情も一緒に食べるのよ。
だから他の家事はおろそかにしてもいいから、ごはんだけは自分で作ってあげて。」

これは、深見じゅんさんの『ぽっかぽか』に出てくる言葉です。

 

息子が食物アレルギーと診断を受けたのは、息子が1歳のとき。
「さあ、これから離乳食!」という矢先のことでした。

右も左もわからないアレルギーの世界で、
気をつけても気をつけても、何かを食べさせるたびに出てくるアレルギー症状。
ついには、何を食べさせていいのかわからず、毎日安心のおにぎりばかり・・・。

給食でなく園内でお昼を作っている少し遠くの幼稚園を選び、
それでも、お友達と手をつないだらアレルギー、
スーパーの店内に入った途端にアレルギー(アレルゲンのある空気に触れたのです)、

ソースもだめ、オイスターもダメ、油もきまったものだけ、コンタミネーション(原料には入っていなくても、製造過程で混入してしまうこと。同じラインで作られると、よくあることです。)に要注意。

買えばすぐに済んでしまうものも、すべて手作りの調味料。

 

そんな生活が何年か続いて、
さすがに私も疲れてきて、

「ラクしたい」
「外食したい」
「レトルト使いたい」
「ジャンクフード食べたい」
「チョコ食べたい」

そんな邪念(と当時は思っていました)が頭をよぎり、そんな自分を

「私は親なのに」

とか

「私がこの子をこういう体質に生んでしまったのに、
自分がラクをしたがっているなんて、私は最悪だ」

とよく自分を責めていました。

そんなとき、SNSでこの言葉を知り、ハッとしたのでした。

 

そして、はじめて

「この子がアレルギーだから、私はお母さんらしいことをできているんだ。そうでなければ、私のことだから、ご飯はラクすることばかりを求めていたかもしれない。忙しさを理由に、毎晩、家族をインスタントまみれの夕食に巻き込んでいたかもしれない。」

と思えたのです。

スーッと全身のチカラが抜けていきました。
言葉のチカラが作用したのです。

 

あの時この言葉を拾えてよかった。
スルーしなくてよかった。
自分の心にひっかかってくれてよかった・・・。

 

こんな風に、
あなたにとって、私にとって、
頓服薬の言葉はきっと近くにたくさんあります。

ただ、それに気づいていないだけで。
拾い上げないだけで。

大きく網を張れる日常でありたいです。
大漁でなくても、わずかにかかる言葉を拾っていきたい。
そしてそれを、ひとつひとつ隅に書きとめておきたい。

きっと、忘れた頃にそれらは、
あなたを、私を、
助ける言葉になるのだと思います。