ワタシリズムに気づく ー 心と文脈 ー

LIFE

エール

壊すことと殻を破ることは違います。

歳を重ねるごとに経験が豊富になって、変化を恐れてしまうのは誰でもそう。
今まで背中を向けていた方へまわれ右するのは、すごく勇気のいることなのです。

けれど、そこからはじまる扉もあります。
踏み出す一歩が、目の前の景色を変えることだってあるかもしれません。

人は同じ方ばかり見ていたら「思い込み」という迷路に入ってしまいます。
どうせ迷うなら、途方もなく迷うのではなく、無知の意識を自負して「知らない・見えない」を追求していきたい。

あれこれ決めつけるには、まだ早いのかも。

もっといっぱい経験して感じて、はずんだり、とろけたり、シワになったりして、いろんな形の感情を楽しみながら歩いていこう。

まだまだこれから。

RELATED

コチラの関連記事も一緒にどうぞ

PAGE TOP