雪解けを待つように

近くへ行ってみて、
ようやく見ることができる氷のなかの小枝や葉。

遠目では凍った大きな氷にしか目がいかないけれど、近づいてみてやっと気づく、ちいさくて緻密な「そこにあるもの」

空という広大な傘の下で、

わたしたちは大きな看板や、
マイクの声や、
両手のかたい握手だけを重視しがちだけど。

消えそうな文字や、
声にならない願いや、
些細なめくばせ・・・、

雪解けを待つような、
そんな受け身でしか存在できない想いを、感じていられる心を持ち続けたいと思うのです。

関連記事