ワタシリズムに気づく ー 心と文脈 ー

読書室

【読みっぱなしバイバイ】地味だけど最高に心地いい小説の活かし方

時間を忘れて没頭し、もとの世界に戻ってくるのが大変なくらい面白い小説を読んだあとの、あの満たされ感はしあわせです。

のめり込んで読んだ時間も自分の大切な時間として残りますが、欲をいえば、小説で読んだことや感じたことを暮らしの中でも活かせることができたらいいな、と思いませんか?

たとえば、ビジネス本やハウツー本なら、そこに書かれてあることをトライしてみれば、アウトプットになり土台にもなりますね。

一方、小説は、読んでいる間のワクワクドキドキは最高に楽しいのですが、読み終えてしまうとそれきりになってしまうことも多いのがちょっと残念だったりします。

「小説は読んだら終わりだから、買わずに図書館で借りてる」
なんて声もよく聞きます。

このように、小説やエッセイを暮らしに活かす読書方法ってないかな、とふんわり思っている方へ、私を例にしてご紹介してみたいと思います。

メモを活かす(読書ノート挫折者より)

私は仕事柄、なるべく多くの言葉に触れ、それを自分でアレンジして集めておきたいので、頻繁にメモをするクセがついています。

当然、本を読む際もメモを片手に読むわけです。

その習慣が功を奏してか、小説を読み終えてもしばらく内容を覚えていたり、忘れたころにふと思い起こしたりできているようです。
それは「読書ノート」のようにきちんとしたものではなく、完全に文字が走っているので正真正銘の「走り書き」のメモです。(読書ノートは、何度も何度も何度も挫折)

そんなメモ程度のものでも、しっかりと日常に活かせています。

このブログでも、本の引用や映画のセリフが頻繁に記事の中で登場しますが、日常でも同じように引用やセリフを思い出しては、自分の心境と比較したり、心に残るきれいな言葉に体を浄化させたりしています。

・・・と、ここまでかなりマニアックなことを書いているので、ものすごい奇病にでもかかっているのではと思われていないかヒヤヒヤしていますが(笑)、実はこれがかなり効果的で、いわゆる疑似体験に近い心理状況になれるのでおすすめなんです。

たとえば私の場合

日常の雑多で疲れてしまったとき、ふと見上げるとそこに青空が見える。
すると、どこからかこんな言葉が私の頭をよぎる。

「空を待つ」

すると、不思議と気持ちが前向きになれた気がしてる・・・。

こんなことがよくあります。

「空を待つ」は、西加奈子さんの短編小説のタイトルです。
(私はこの小説は、「小さく小さく再生していく、自分(読み手)の物語」だと感じています)

このように、かつて読んだ小説のカケラ(感情の記憶)が意識の外から飛んできて、こうして空を見上げた私に「空を待つ」の風味のきいた風を運んでくる。
それがきっかけとなり、たとえ一瞬でも晴れやかな気持ちになれ、胸をひらいて深呼吸できるのです。

そしてこの風はどこから吹いてきたのかというと、“本を読んだ過去の自分の時間”と“言葉メモ”です。


私の「感じたこと」メモです

小説を読んで胸に抱いたイメージは自分では忘れてしまっても、体のどこかで息づいていて、ある時ふと思い出させているのです。
そして、言葉のメモがあればなおのこと、読んだ軌跡を色鮮やかに思い出せるのです。

シンプルだけど効果大

「いつか思い出すときがくるのかな」と思いながら、小説を読んでみると新鮮です。
小説は、頭でインプットするビジネス本とは違い、地味に密やかに自身の内にインプットされているのです。

私はこんな流れで本を読み、体にストックしています。

① 「いつか思い出すかも・・・」と意識しながら読んでみる
② 印象に残る言葉をひろってメモする(余裕があれば、別のところに清書する)
③ できれば借りるのでなく自分で買って、「買った日」「読み終わった日付」を表紙裏などに書いておく
④ たま〜に見返す(神経質にならなくてO.K)

上記はあくまでも一例であって、私とまったく同じでなくても良いので、小説を読むときは自分がハッとした言葉と、自分に流れている感情をキャッチする期待をもって、読みすすめてみてください。

シンプルだけど、これがいつか、なにかの種になりますよ。

今回の記事に登場した『空を待つ』は、西加奈子さんの短編集「炎上する君」の中にあります。
『空を待つ』は椎名林檎さんが絶賛していたので、読んでみたいと思ったのがきっかけです。
素直でストレートで濁りのない、こんな作品が好きです!好きなんです!!と言える小説です。

RELATED

コチラの関連記事も一緒にどうぞ

PAGE TOP