【やさしい気持ち】スタバでみつけた魔法

スタバの隅っこの席をゲットして、
さて、このサンドをどうやって食べようかというところ。

向こうの方で「ありがとう」
という声が聞こえてきた。

すぐに反応してしまう私。
「ありがとう」を言っている人を、無意識に探してしまうのだ。

「ありがとう。助かります」
どんな人が何に対して言ったのだろう。

 

それは、ある女性(50代後半くらいかな)が店員さんにかけた言葉だった。

女性は、別のカップにお水を入れてもらっていた。
(薬でも飲むのかな)

その女性の歩く方向を横目で追う。
たどり着いたテーブルには、もうひとり女性が、おばあちゃんがいた。

おばあちゃんは、その水を受け取りニッコリと言う。
「ありがとうね。」

おばあちゃんのお水だったのか。

 

「ありがとう」って聞こえると、気持ちが浮き上がる。
別にそこに私が関係しているわけでもないのに、隅っこにただいただけなのに、“ありがとうのシーン”に一緒に参加させてもらえた気分になる(調子いいヤツ。笑)

今日、私はまったく知らない人と、わたしの意識の中のみだけど「ありがとう」でつながった。

あなたは今日、どんな心の浮遊がありましたか?

 

関連記事