ワタシリズムに気づく ー 心と文脈 ー

読書室

『ねぎを刻む(江國香織)』の世界観にひたる

出汁をとるときは、なんとなく鍋の前に居続けることが多いです。

沸騰させないように温度を保ちながら、1時間くらい煮出す。
(トップ写真は、カメラを構えているうちに沸騰寸前になってしまった図・・・)
ずっと凝視しているわけではないけれど、そばにいて離れないでいるのです。

「キッチンでの待ち」のこの時間は私にとって、何っていいがたい意味のある時間となっています。

キッチンでひとり、頭をよぎる小説

江國香織さんの作品で『ねぎを刻む』という小説があります。
(『つめたいよるに』に収録)

孤独感にさいなまれながら一心不乱にねぎを刻む、という短編小説。

自分が置かれている場の空気と、まん延する孤独感と、認知や肯定、自己否定。
いろんな感情がプレスされていき、最後にねぎを刻むシーンがでてきます。

こまかく、こまかく、ほんとうにこまかく。
そうすれば、いくら泣いても自分を見失わずにすむのだ。

小さな食卓をととのえながら、私の孤独は私だけのものだ、と思った。

 

AM 3:00。
息子の給食の代替えのパンを焼くときも、

夕方、子どもたちが帰ってくる少し前、
こうして出汁をとるときも、

ひとりキッチンに立つと、この小説を思い出します。

鍋のなかで昆布がだんだん大きくなるのをみながら、ときおり『ねぎを刻む』を思い出し、ひとり静かなキッチンに立つあいだは自分の内側と対話しているようにさえ思える。

私が孤独感でいっぱいになっているときって、どんなだろう。

自分が見ている世界と自分の心が離れてしまっているとき。
「そうじゃない、そんなはずじゃない」と思うとき。

それはきっと、外の自分と内の自分の呼吸が合っていないときなんだと思う。

そんなことをふわりと思い、自分を探り、
今日も出汁をとりながら、献立を何にしようか考えるのです。

mayu的『ねぎを刻む』を読みたゆたう


ー『ねぎを刻む』(江國香織)ー

この小説には、くわしいストーリー背景の描写がありません。

ねぎを刻む、というその行為一点に向かい、目や耳や体にひびく孤独の感情を自分の中でふるわせ、言葉を生み出し、それを惜しみなくポトポト落としていくように淡々と進みます。

このお話は短編集のなかの一編で、表題作というわけでもありません。

けれど、多くの人が『ねぎを刻む』が印象に残ると語るのは、この小説が「より自分にちかしい客観」で読むことができるからだと思うのです。

 

ねぎを刻むことと孤独をリンクさせる人は、少ないかもしれません。
しかし、ねぎを刻むのは誰の日常でも頻度が高い。

それを、文字で自分ごとのように物語を追うのではなく、読者は物語を触感レベルで(肌触りで)感じ、言葉に起こせないものまでをも、個々の中で映像化させてしまう自由を『ねぎを刻む』の中で与えられています。

その魅力が、多くの人の心を捉えているのだと思います。

これは江國さんにしか書けない。

『ねぎを刻む』は活字というよりも、
他者でありながら心を重ね、つかず離れずの距離感でいながらも放っておけない、どこか離れがたい「映像」小説なのです。

 

『つめたいよるに』


この短編集は、今回とりあげた『ねぎを刻む』以外にも、『デューク』を読みたくて手に取る人も多いようです。
どの短編をとっても、江國さんらしい色彩あふれる文章が、読む人を迎えてくれます。

RELATED

コチラの関連記事も一緒にどうぞ

PAGE TOP