【押しつけのない読後感】江國香織さんの「気配の描き方」がど真ん中

江國香織さんの書く小説は、日常そのもの。

ふつうにそこにある時間を、静かに綴っています。
ただそれだけの小説。

気軽に入り込める登場人物の目線や想像できる心理。
客観的にみれる読者視点。

ありきたりを綴るからこそ
抵抗なく見えてくる、ストーリーの中の人生や暮らしの背景があります。

 

それはまるで
知りすぎていない隣人の、心の中のドラマをみているよう。

深入りせずに見過ごせる他人の日常。

それも、想像もつかないような他人ではなく
察することのできるすぐそこの隣人、
でも親しいわけではない隣人。

そんな絶妙な距離の「他人」が綴られています。

 

等身大とも身の丈とも違う、
すぐそばにある人の気配を感じさせる、

目に見えない「気配」を綴る彼女の文章が好きなのです。

 

関連記事