ワンシーン

塵のようなダイヤのような

世の中には、私の見たことのない「天井」や「奥」や「深さ」がたくさんあって、想像もできないほどの弱肉強食や、震えるような怖さや感動があって。

そんな世界の中にポンと置かれた私の存在は、何を動かしているだろう?

と思うことがあります。

昇る太陽と、沈む太陽のはざまに、
私はわずかな歩数で、どこへ向かい、何をつかもうとしてるんだろう?

綺麗だな。
美しいな。
すごいな。
神秘だな。

私のこんな感情は、どこへ吸収されていくんだろう?

 

たくさんの人間から生み出される、たくさんの感情がここにあります。

このひとつひとつの小さな感情(チカラ)が、
私を助け、あなたを助け、地球を助けると信じています。

想う、想う、たくさん想う。
たくさんの想いを、巡り、巡らせ飛ばせば、
きっとそれは
地球のどこかで誰かの笑顔につながっていく。

私の想いが、この人の笑顔を生み、
この人の笑顔が、誰かの想いをその先へ運ぶのだと。

 

ずっと先までリンクしてる未来。

怖がることないよ。
不安がることないよ。

あなたの想いは、笑顔は、
未来まで通じているんだもの。