【異視点】日常のあいまに一瞬の非日常(見落としている日常)を

私はある友人と、二人だけで共有してるInstagramのアカウントがあります。
事情により体の自由がきかない友人と、簡単にコンタクトがとれるようにと始めました。

友人は、インスタを通して外の様子や季節や時間の変化を見たい、と言いました。

かつて友人にもあった「当たりまえに誰にでもある日常」を、なるべく友人目線で体感できるように、私は本当にすぐそばにある何の変哲もないものを投稿していました。

すると、友人がこんなことを言ってくれました。

「mayuは日常に物語を探すのが上手いなぁ」

私は嬉しくて涙が出そうになるのをこらえて、
そして、誰にでもあるはずの「日常」に戻っていけない友人に何も言えない自分を隠すように、とっさにこう答えました。

「その人のストーリーをみつけて書くのが、私の仕事だからね」

Contents

クライアントさんとの会話

最近はライティングの仕事の他にも、動画のシナリオを書く仕事も増えてきており、構成を練ったりアングルを考えたりしながら文章を書くことが多くなってきました。

そんな時、あるクライアントさんからこんなことを言われました。

「mayuさんの動画もみてみたいな。違う視点で作りそう。」

私はこう返します。
「私なんてワンパターンな日常で、いま流行りのvlogみたいな、おしゃれで見ていて刺激されるような暮らしをしていませんので。笑」

けれど、それを言った直後、友人とのあのやり取りが頭をよぎります。

日常にストーリー・・・、かぁ。

恥ずかしくて人には言えない私の脳内妄想

私は読んだ本がすぐに夢にでてくるほど、感情移入が半端ないです。

共感力が強めなのでしょう。

イタリアの道端にいる物乞いにいちいち同情していたら、ツアーのガイドさんに

「あの人たちはフリをしているだけなので、騙されないでくださいね!お願いしますよっ!!すごいスピードで追いかけてきますからね、本当にお願いしますよ!!!」

と、半分怒られたような雰囲気で注意されたほどです(苦笑)

パスタを食べれば村上春樹氏が隣に登場し、

雨に当たれば、映画『ショーシャンクの空に』を想像し、アンディとともに大いに脱獄成功を味わい、

夜空の星が美しいと、銀河鉄道に乗って、ちゃっかりジョバンニと一緒に私もりんどうの花を眺めている。


(KAGAYASTUDIO『銀河鉄道の夜』より)

常に頭のなかは、物語でいっぱいなのかもしれません。

また、小さい頃は、母のオリジナルの読み聞かせで育ったせいもあります。
母の読んでくれる『ノンタン』は、幼稚園の先生が読んでくれるお話と結末が違うのでした、同じ表紙の同じ本なのに。

ノンタン

これまで、人と視点が違うことがコンプレックスで、いつもそれを隠すように周囲の顔色をうかがい、まわりに合わせるようにして生きてきました。

しかし、私を萎縮させていた「人と違う視点」が、ライター業で活かせることがわかったのです。

他とちがう魅せ方をする、ということ。

誰にも気づかれないようにしてきた私の脳内妄想ですが、これが「誰かのためになるかもしれない」と思い始めたときは、本当に嬉しかったです^^

日常のあいまに一瞬の非日常(見落としている日常)を

自分の好きなことに没頭している人が好きです。
今はみつかってなくても、それを探究している人も好きです。
仕事であれ、趣味であれ、家事であれ、育児であれ。

何かに夢中になっているその間は、非日常となって別の世界に自分を運んでくれます。

以前、一緒にお仕事をさせてもらったあるクリエイターが「人と同じことを考えてたら、この仕事はできない」と教えてくれました。

そしてこんなことも・・・。

「たとえ自分の好きなことでも、続けるのは大変。
こうして続けていられるのは、これが自分以外の誰かを守ることでもあるからなんです。」

その言葉を聞いたとき、
目を開けていられないほど、自分に刺さったのを今でも覚えています。

人と視点や感覚が違うのなら、
そしてそれを活かせるかもしれないことを見つけたのなら、

今度はこれを誰かのため活かすのです。

「違い」から逃げない。
「守りたい」を守れ。
自分の世界を堂々と物語ろう。

そう思います。

Contents
閉じる