Category
手を振る相手がいるということ

手を振る相手がいるということ

目が合ったとき 手を振る相手がいるということ。 自分に気づいてもらいたくて 「おーい」と呼べる人がいるということ。 かたまっていた心が スーッと形を失って にじ...
今日の日に。

今日の日に。

今日で、震災から8年。 震災に関しては未だに 伝えられている部分、 伏せられている部分、 いろいろあるようですが。 情報が錯誤する中、 まずは、摂取できる情報を...
雪解けを待つように

雪解けを待つように

近くへ行ってみて、 ようやく見ることができる氷のなかの小枝や葉。 遠目では凍った大きな氷にしか目がいかないけれど、近づいてみてやっと気づく、ちいさくて緻密な「そ...
心に余裕がないときは

心に余裕がないときは

  ただながめているだけなのに、 頭のなかは「無」の一色なのに、 心に流れてくる風景があります。 流れる風を頼りに なんの根拠もなく、その方向を定め ...
VOICE

VOICE

買ったばかりのモノをながめていると、色のはじまりを見ているよう。 色のスタートライン。 新しいピカピカだったものが、使いこんでいくうちに色に味がでてきたり、手に...
食物アレルギーは個性。ママはそう思うよ

食物アレルギーは個性。ママはそう思うよ

みんな、嫌いな食べ物あるよね。 にんにく、セロリ、牛乳もちょっと苦手・・・(あ、これ全部わたしだ、笑) 嫌いな食べ物を口に入れると、嫌な気分になる。 口の中が、...