ワンシーン

柔軟に生きたい私が、不器用に生きる彼女に心が向く不思議

「柔軟に生きる」って憧れる。

余計な敵をつくらず、
自分にちょうどいい場所をみつける。

風になびくことはあっても、
根さえしっかり張っていれば自分を失うことがない。

なにか障害物が飛んできても、
なんとなく避けることが出来てすぐに元に戻れる。

そんなスムーズな人生を歩みたい。

 

彼女は真逆を生きる人。

自分の芯を通すから、誤解されやすく敵もできやすい。

人の噂になびくことなく、
自分の見聞きしたことを一途に信じる。

やってくる障害物は、ひとつひとつ片づけていく。

 

どうしようもなく不器用で、
どうしようもなく揺るぎなくて
どうしようもなくまっすぐしか知らなくて。

こんな生き方は辛いに違いない、
もっと楽に生きればいいのに、
なんでこうもココしか見ないんだろう。

そんな彼女は見ていてとてもとても心が痛く、
けれど、清々しく、晴れ晴れとする。

(私だって、本当は揺るぎない自分になりたいのだ)

 

彼女を見ていると、
自分を問わずにいられない。

ー 私は正直に生きているだろうか? ー

 

*  *  *  *  *

 

メルマガの読者さんへ

システムエラーのため、メルマガの配信スタンドへログインできないでいます(涙)
本日、火曜日はメルマガの配信日となっておりますが、今回に限り、明日メルマガを配信します。
よろしくお願いします。m(__)m