【ノート術】私のブラックノートについて。と、その活かし方

【ノート術】私のブラックノートについて。と、その活かし方

この記事は、私が普段イライラしたとき、不甲斐ない出来事に対して心のやり場がないとき、マイナス思考になってしまうのが続くときなどに登場する「ブラックノート」という1冊のノートについてです。

どんなノートなのか、
そのノートが私にはどんな役割があるのかを書いてみたいと思います。

 

心が折れてしまった出来事、
ズーンと刺されるような気持ちになったこと、
ムカムカして、なかなかそこから脱せないこと、
など、抜け道をみつけられなくて体の奥にたまっていることを1冊のノートに書き溜めています。

私はこれを「ブラックノート」と命名しています。

この重々しいことばかりを書き込んだブラックノートですが、私には大きな効果があります。

日々の中に想像外でふいにやってきた、「ラッキー♪」や「私がんばった!」って思えることに出会えた時、過去に書いたブラックノートを見返すんです。

読み込むのではなく、さら〜っと眺めます。

そして、

今日のラッキー♪は、過去のどんな嫌な出来事が浄化されたんだろう?

って考えます。

何の因果だろう?

って。

 

すると、偶然舞い込んだ今日のラッキーも、過去の体験から自分でつかんだ幸運と思えることができます。
そこから達成感も満足感もわきあがります。

なにより過去の自身の失敗や後悔した経験を、新しい「価値」として生き返らせることができます。

 

「人生はコンテンツ」と言われていますが、過去の小さなマイナスな出来事も、今を生きる私には欠かせないものです。

たとえ、ささやかすぎて頭では覚えていないことも、私の細胞のどこかが覚えていて、知らないうちに自分でも気づかない働きをしているかもしれない。

そう考えると、失敗も、嫉妬も、嫌味も、みんな乗り越えられる。(ような気がする)

 

ブラックノートに積もっていく負の気持ちも、将来の自分への何かの種まきだと思えば、少なくともノートに書き込んでいる間だけでも希望が見いだせます。

 

こんな風に、いままで自分にふりかかるいろいろを乗り越えてきました。

たぶんこれからもこんな感じで、過去の苦いあれこれをノートを使って浄化していくのだと思います。