• HOME
  • BLOG
  • 語り
  • 【ささやかだけど忘れられない光景】有楽町駅でのこと

【ささやかだけど忘れられない光景】有楽町駅でのこと

有楽町駅でのことです。

地上のホームへ向かうエスカレーターが混んでいたので、特に急いでいるわけでもないけれど階段で上へあがっているとき、私の隣で同じペースで階段をあがっていた女性(30代くらいのOLさんかな)がいました。

あと少しで登りきるかなというとき、隣の女性が私の視野の左端から姿が消えたと思うと、こんな会話が聞こえてきました。

「持ちましょうか?」

 

そのOLの向こう側には、背中に子供をおぶって、左手は3〜4歳の子供と手をつなぎ、右手で赤いスーツケースを持ち上げてホームへの階段を登る女性がいました。子供に気を配りながら重たいスーツケースを持っているのを、そのOLは気にかけて声をかけたのです。

 

よくある光景。
でも、気づいてもなかなか言えない一言です。

大勢の人の前で気遣われると、かえって迷惑だと感じる人もいるでしょう。

以前、目の不自由な人にドアを開けたら「余計なことはしないでください」と言われたことがあります。電車で席をゆずったら「頼んでいません」と言われたこともあります。

自分が親切だと思ってやったことでも、相手にとって迷惑ならお互いにマイナス感情が芽生えてしまうのです。相手の気持ちは相手次第。難しいところです。(他人の心は見えにくい。誰でも心の中は複雑なのです。)

 

でも。

そんなことをいちいち気にしているうちに、その瞬間(今回ならば、声をかけようと思うその状況)は過ぎ去ってしまう。すぐに反応(行動)しなければ、手助けしたい瞬間はすぐに溶けてなくなってしまうのです。

私だってこのOLみたいに、「持ちましょうか」とたずねるくらい言ってみてもいいんじゃないか。(電車で席をゆずったっていいし、ドアを開けてもいい)
別に強引に荷物をひっぱって親切を押し売りしているわけじゃないし、相手がそれを求めなかったらそれはそれでいいんじゃないか。

(そう、私は断られるのが怖いんだ)

 

私の隣で「持ちましょうか?」と声をかけたOLに、子育てママは「いいです、大丈夫です」と答えていました。

あ〜やっぱりね、と思う私。

でもそのママは続けてこう言っていました。

「ありがとうございます。」

 

「持ちましょうか?」
「いいです、大丈夫です。ありがとうございます。」

たった一往復の会話。

この一往復の会話のなかには表面の言葉だけでなく、お互いに行って(言って)、帰ってきた気持ちが乗せられている。

ちょっと離れたところでこれを見ていた私の中では、今でもあのときの光景が何往復も行き来しています。

 

関連記事