Mind&Sentence

“ワタシリズム”に気づく ー 心と文脈 ー

毎日がお花畑、あのとき世界は絵画だった

毎日がお花畑、あのとき世界は絵画だった

さあ、なんでもいいから描いてごらん。

そう画用紙を渡されても、
大人になった私は、きっと何を描いていいのか戸惑ってしまう。

「何でもいいから」
これほど難しいお題はない。

頭の中から飛び出してくるイメージをじっと待っていても
出てくる気配はまったくなく、
ならば奥へ奥へと掘って掘って、どんどん深みへ暗闇のなかへ、あぁ・・・(笑)

 

 

かつて私にも、自由きままにハナウタでお絵描きが出来た時代があったはずで、
その頃の私は、どんな色をつかい、
どんなワクワク♪を紙面におとしていたんだろう。

前に進んでいくチカラだけをクレヨンに込めて、
ゴシゴシと塗り込んでいたんだろうなぁ。

あの頃。
私が見えていた世界は、すべて絵画だったんだ。

About The Author

mayu
いかに心のコンディションを保ちながら、毎日、心地よく暮らしていけるか、それをいかに言語化していこうか、を考えているフリーランスライター。

足早な世の中の流れに小さく揺られながら、やさしい暮らしを守りたい。

心の“ゆらり”を楽しむための、感性と暮らし・心と表現をつないでいきます。

「心と体と暮らしがバランスよく循環する」
そんな日々を過ごせますよう。

どうぞよしなに。
Follow :

アーカイブ

サイト内検索

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Feedly
“my pace”をもって暮らす

“my pace”をもって暮らすKeep My pace

人それぞれ自分にあった歩調があり、リズムがあります。

いつもリズムの整った歩調であればいいけれど、そんなわけにはいきませんよね。歩調が合わない中で、自分を保つことはけっこう大変です。

そんなときは、自分の暮らしのなかに「わたしペース」をみつけられると、ちょっと楽になります。

視線、呼吸、歩幅・・・、小さくも自分らしいリズムを持てる感覚を、もう一度確認してみようか♪

そんなサイトです。