Mind&Sentence

女性PRライターが考える「人と心とストーリー」

毎日がお花畑、あのとき世界は絵画だった

さあ、なんでもいいから描いてごらん。

そう画用紙を渡されても、
大人になった私は、きっと何を描いていいのか戸惑ってしまう。

「何でもいいから」
これほど難しいお題はない。

頭の中から飛び出してくるイメージをじっと待っていても
出てくる気配はまったくなく、
ならば奥へ奥へと掘って掘って、どんどん深みへ暗闇のなかへ、あぁ・・・(笑)

 

かつて私にも、自由きままにハナウタでお絵描きが出来た時代があったはずで、
その頃の私は、どんな色をつかい、
どんなワクワク♪を紙面におとしていたんだろう。

前に進んでいくチカラだけをクレヨンに込めて、
ゴシゴシと塗り込んでいたんだろうなぁ。

あの頃。
私が見えていた世界は、すべて絵画だったんだ。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pocket
Feedly